赤線の理由

毎度 おおきに

昨日の続き喋りますは。

あの赤の棒線は見事に 時の王を守る為に蝦夷を配置させた名残ですは。

白孫江の戦い以降 大陸からは唐 新羅に

東からは東北蝦夷が攻めて来たら やばいちゅ~事やで。

唐新羅には よほどびびってたんやろな 北九州と神戸で2重防衛

さらに瀬戸内の船から来るのを 防御するのに広島愛媛。

まあ連れて来られた 俺らの先祖は生きて行くのに なんでも引き受けたんやろな。

これは俺の勝手は想像やけど 多分飴と鞭 洗脳もあったんや思うで

古代は卑弥呼でも分かるやろ 占いとか神とかに兎に角 目に見えもんに弱い。

俺は天照大明神は人間や完全に思ってるが かく言うこの俺でもあの伊勢神宮の演出やパホーマンスの前では

一たまりも無いは ホンマに神さんおるんや思うしかない はい完全に負けましたすんません。

でもまあ悔しいんで一言 まじで老獪や思いまっせ ああごめんごめん老獪じゃなく商売上手やはほんまに。

だってよ~今だに そしてこれからも永遠に日本全国からお金集められるやん ほんまに凄い尊敬します。

後半の話は俺の想像やし スルーしてや

前半の話は記録があるし 想像やないから。

ここまでしてもまだ部落民が東北人 縄文系と疑う人いてまっか?

これからは今現在の話します ではでは皆さん御機嫌よう。
[PR]
by roman422 | 2015-04-23 22:50 | Comments(0)